ASP(アクティブ・セーフティ・プロジェクト)とは

 

修理に来るお客様と会話していると、こんな声が聞こえてきます。

いきなりタイヤがペチャンコになっちゃったのよ、ここまで引っ張ってきて疲れたわ〜
止まろうと思ったら突然ブレーキワイヤーが切れて、交差点に突っ込みそうになった
チェーンが外れてペダルが空回りして、あやうく転びそうになったんですよ

そう、お客様から聞こえてくるのは、自転車に乗っているときのアクシデントに対する声がほとんどです。

こうしたユーザーの「困った」に対応することが、今までの私たちの仕事でした。
でも、こうした「困った」は、事故や怪我と常に背中合わせです。
事故や怪我をして喜ぶ人なんていませんよね?

お客様が求めていること、それは、「困った」ではありません。
お客様が求めているのは、もちろん「困りたくない」なのです。

私たちは、お客様の求めている「困りたくない」に応えるため、
このプロジェクト「Active Safty Project」を始動させました。

<ASPとは?を紙芝居で見る>

ASPの申し込みは最寄りの加盟店の店頭から行えます

ASP アクティブ・セーフティ・プロジェクトの3つのメリット

①メール送信サービス
月に1回、登録されたアドレスにメールを配信します。 メールが届いたら、都合の良い時に来店してください。
自転車のタイヤに空気を補充し、汚れを落としながら点検します。

②自転車の修理カルテの作成
お客様の自転車がどのような修理・整備・調整したのかなどを記録します。自転車を構成する部品の中には見た目には問題なくても、経年劣化する部品が存在します。それらの部品がいつ頃から使われているかをきちんと管理し、適正な時期に交換することができれば、自転車をいつも安全な状態に維持することができます。
この2つの仕組みによって、コスト※をかけることなく、お客様の自転車が常に「調子が良く、安全で、きれいな状態を、長期にわたって」維持することをサポートします。

③どこのお店でも同じサービスを提供
ASPに登録されている全てのお店で同様のサービスを受けることができます。移動先で自転車が故障してしまっても、ホームページから最寄りのお店が検索できます。修理カルテを共有し適切なサービスを提供します。

ASPの申し込みは最寄りの加盟店の店頭から行えます

▲Page Top